FC2ブログ


The penalty life*

夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ



Calender

07 | 2018 / 08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

砂時計

Author:砂時計
詳しいことは直接本人に聞いてください

the pillows unionアウイエ!!!!!  スネオヘアー同盟

消失同盟  フリクリ同盟


ハーボット


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


RSSフィード


メモ帳

Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


死ぬより怖いこと
昔、星のカービィのアニメでエスカルゴがみんなに忘れられる話があった
子供心ながらあの話だけは未だに残ってる


今日、薬理学が終わった。担当のK先生はもう会社も辞めて教台からも降りるそうだ
彼は私に言った

「死ぬのはぜんぜん怖くないよ。だって、君たち一人ひとりの中に私は生き続けるから」


こないだ、仮面ライダー好きの友達が泊まっていった。ノりで居酒屋へ行った
彼は私に言った

「忘れることは、その人を否定することだ。その人がそこにいたことを覚えてあげないと、未来にも過去にもその人はいなくなる。まあこれは仮面ライダーであった話なんやけどな」





人は死ぬ
しかし、その人を覚えている人がいる限り、その人はみんなの中に生き続けるだろう
では、みんながその人を忘れてしまったら…

















死は肉体的なものではなく、記憶によるものなのかな
私なら、「誰の記憶にも残らない程 鮮やかに消えてしまうのも悪くない」

そう思いたい
スポンサーサイト


風の日
僕だっていつも ピエロみたいに

笑えるわけじゃないから


いつも笑顔でいたい 君には心配をかけたくない
でも それが君を 苦しめているのかな



雨の日には濡れて 晴れた日には乾いて

寒い日には震えてるのは当たり前だろ

次の日には忘れて 風の日には飛ぼうとしてみる

そんなもんさ


楽しいことは楽しいし 辛いことは辛い
生きてる以上は 経験すること 私はただ 単純に受け止める


Go cry

Go smile

It's something good to do to live as you want

I'm on your side

Your life is all yours

So don't let other people force you to be good

Be kind to yourself




雨の日には濡れて 晴れた日には乾いて

寒い日には震えてるのは当たり前だろ

次の日には忘れて 風の日には飛ぼうとしてみる

だから

雪の日には凍えて 雷には怯えて

月の日には辺りがよく見えたりもしてて

次の日には忘れて 風の日には飛ぼうとしてみる

そんなもんさ 僕らはそんなもんさ



答えはいつもカンタン

自分でむずかしくしているだけ



*ELLEGARDEN「風の日」より一部抜粋


ブログをちょこちょこいじってみた
ベースは変えないで、背景とかタイトルとか変えてみた


別になんら変わってねーよとかいうのはなしで(ワラ




ブログタイトルいじるときが来たとは
まさに今の私にはこれがふさわしいかも


つーわけで、相互リンクしてる管理人さんブログ名変更よろしくです


言葉の意味の受け取り方?
競馬で、仮に「○○がレコードを破りました!」とナレーションが言ったとする

私の場合、レコードを持ってきて、ビリビリに破るだろう

*  *  *

「俺の兄貴は一味違うんだよ」

お前は兄貴を食ったことがあるのか。きっと私はそう解釈するだろう

*  *  *

きっと私は普通の人より考え方が捻くれてるんだろう・・・だから喧嘩するのか


意味
意味なんてあるのか?

ないからいいんじゃねーか

* more...



 +  OLD >


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。